国内外のライフサイエンス拠点との連携

BioM Biotech Cluster Development GmbH(ドイツ)

ドイツ・ミュンヘンのバイオクラスターマネジメント組織BioMと健康・医療・福祉分野を中心とした経済交流に関する覚書を締結。双方の地域における企業、研究機関の橋渡しを行い、連携することによる国際的なイノベーション創出を目指します。

 

バイエルン州駐日代表部 代表
Dr. Christian Geltinger

BioM CEO
Prof. Dr. Horst Domdey


 

■協力事項

  • 双方の地域にとって有益な強固で長期にわたる関係を築く。
  • 定期的に双方の地域の最新情報の提供、成功事例に関する意見交換を行う。
  • 双方の地域のライフサイエンス企業等の進出拠点を確立する。
  • 国際的な共同研究開発プロジェクトを促進する。

 

双方の地域における企業、研究機関等間の橋渡しを行い、連携することによる国際的なイノベーション創出を目指します。

 


 

■関連リンク
BioM Biotech Cluster Development GmbH HP

 

 

LINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク)

医薬関連企業が集積する日本橋を拠点にオープンイノベーションの促進や新産業創造を支援する法人であるLINK-Jとライフサイエンス領域に関する相互連携の覚書を締結。
イベント、プログラム等における共催や各種情報の交換・発信、相互施設利用による活発な交流を行います。

 

 

■連携・協力する主な取組
(1) 活動、イベント、プログラム等における共催、協賛、告知等の協力
 ・Tonomachi café(※)in 日本橋
 ・Tonomachi café produced by LINK-J
  ※研究者・事業家などの分野から講師を招き、参加者と講師の活発な意見交換を行う
  小規模セミナー

(2) 刊行物、資料、情報の交換・発信
 ・LINK-Jのネットワークを活用したニュースレター
 ・「Kawasaki SkyFront i-Newsletter」の配信

(3) 相互施設利用
 ・本橋ライフサイエンスビルディング、ライフサイエンスハブの利用
 ・川崎生命科学・環境研究センター会議室、キングスカイフロントマネジメントセンター会議室の利用

 


 

■関連リンク
一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク

Page Top