• HOME
  • インフォメーション

インフォメーション

2016.10.20COINS
COINSが「スマートライフケア社会に向けて~川崎発 医療イノベーションの挑戦~」をテーマに国際シンポジウムを開催いたします。
キングスカイフロントから生まれるイノベーションの取組みを中心に、イノベーションの種となる成果を紹介すると共に、主に医療分野において最先端を走る国内外の企業、研究者等の講演やポスター展示を予定しています。

2016.12.15【シンポジウム開催】
第3回COINS国際シンポジウム
スマートライフケア社会に向けて
~川崎発 医療イノベーションへの挑戦~

■日時:平成28年12月15日(木)10:00~18:30 (9:30受付開始)
           ◇意見交換会 18:30~(会費制5,000円)
■場所:川崎市産業振興会館 1階ホール・4階展示場
■主催:公益財団法人川崎市産業振興財団(ナノ医療イノベーションセンター:iCONM)
■言語:日本語・英語(同時通訳あり)
■参加費:無料 (事前登録制 定員400名)
■詳細及び参加登録はこちら
2016.9.29川崎市
キングスカイフロント周辺エリアが、『世界に誇る地域発研究開発・実証拠点推進プログラム』の拠点に本採択されました
2016.8.30川崎市
ニュースレター「Kawasaki INnovation Gateway」Vol.13を発行しました。
○川崎総合科学高等学校科学科の生徒 世界最高水準のライフサイエンス拠点に潜入
~未来の科学者たちが見たキングスカイフロント~
・iCONM(ナノ医療イノベーションセンター)の劉研究員に直撃インタビュー
○ Kawasaki Innovation Leaders 8
 公益社団法人 日本アイソトープ協会 常務理事 二ツ川 章二(ふたつがわ しょうじ)氏 他
 医療や産業を支えるアイソトープの供給拠点が川崎に
○ 世界初! ゲノム編集技術により免疫不全霊長類の作出に成功
○ クリエートメディック研究開発センターが竣工
○ 「キングスカイフロント 夏の科学イベント」を開催
2016.8.1日本アイソトープ協会
公益社団法人日本アイソトープ協会は、国立研究開発法人産業技術総合研究所と協力し、新たながん治療薬として期待されている放射性核種ラジウム223の放射能を校正する技術を開発致しました。この成果により、産業技術総合研究所における国家標準が確立し、日本アイソトープ協会は国家標準にトレーサブルなラジウム223放射能の標準供給を開始致します。
ラジウム223の放射能標準供給開始について
2016.7.26川崎市
キング スカイフロントの最新情報や研究内容等を発信するWEBニュースレター
Kawasaki SkyFront i-Newsletter vol.7 を発行しました!

<ビデオ特集>
「殿町タウンキャンパス、ヘルスケアの国際的な人材育成の拠点に」
武林 亨 氏
慶應義塾大学
大学院健康マネジメント研究科委員長 教授 医学博士

<リサーチハイライト(論文紹介)>
相互作用で難治がんに効果を発揮(ナノ医療イノベーションセンター 喜納宏昭主幹研究員 他)
新規遺伝子治療薬(メッセンジャーRNA)による変形性関節症治療(東京大学 位高啓史特任准教授 他)

ナノマシン造影剤でMRIイメージングが向上(東京工業大学 西山伸宏教授 他)
2016.7.1実中研
世界で初めての先天性免疫不全マーモセットの作出がCell Stem Cell誌に掲載されました。

マーモセット研究部(佐々木えりか部長)と慶應義塾大学医学部(岡野栄之教授)らは世界に先駆けてゲノム編集技術を用いた免疫不全霊長類モデル動物の作製に成功しました。これはAMED・脳科学研究戦略推進プログラムの一環として実施された研究による成果で、2016年6月30日(米国時間)発行の科学雑誌 Cell Stem Cell誌に掲載されます。
詳細は こちら
2016.6.20クリエートメディック
クリエートメディック株式会社 研究開発センターが竣工しました。
2016.4.25CYBERDYNE
神経筋難病疾患に対するHAL®の治療に係る技術料等の保険点数解釈を公表
〜ロボット治療として世界初の公的医療保険の償還価格が決定〜
2016.4.21COINS
がん幹細胞を狙い撃ちするナノテク抗がん剤の開発に成功しました。
記者会見の詳細はこちら/リリース文書はこちら

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM) 副ラボ長 主幹研究員、東京大学 客員研究員 喜納 宏昭が発表した論文(米国化学会発行ナノテクノロジー専門誌 ACS Nano: Nanomedicines Eradicating Cancer Stem-like Cells In vivo by pH-Triggered Intracellular Cooperative Action of Loaded Drugs)について、片岡 一則(ナノ医療イノベーションセンター(iCONM) センター長、東京大学政策 ビジョン研究センター 特任教授)、Horacio CABRAL(東京大学 大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 准教授、ナノ医療イノベーションセンター 客員研究員)が、東京大学・ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)・COINSによる共同記者会見を行いました。
2016.3.29川崎市
ニュースレター「Kawasaki INnovation Gateway」Vol.12を発行しました。
○ さらなる国際競争力アップを目指す 日本経済を支える物流拠点・川崎港
・川崎港の歴史、川崎港の埋立状況
・川崎港の現状
・京浜港の港湾運営会社の設立
○ Kawasaki Innovation Leaders 7
  ペプチドリーム株式会社 代表取締役社長 窪田 規一氏
  世界初&唯一の創薬開発システムで日本ベンチャー大賞受賞
○ Kawasaki Numbers 「川崎港のコンテナ施設が取り扱うコンテナの数」
○ 国際戦略構想会議を開催
○ 風力発電によりCO2フリー水素を製造し、燃料電池フォークリフトへ供給する実証を開始
○ 市立川崎高等学校附属中学校 フィールドデイ in キング スカイフロント
2016.2.28ペプチドリーム
第2回「日本ベンチャー大賞」(内閣総理大臣賞)受賞のお知らせ
2016.2.18COINS
がんに対するDDS(薬物標的治療)の効率を高める新しい腫瘍血管透過経路を発見しました。
記者会見の詳細はこちら / リリース文書はこちら

東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・聴覚音声外科の松本有助教(COINS参画研究者)、山岨達也教授、東京大学大学院工学系研究科・医学系研究科の片岡一則教授(ナノ医療イノベーションセンター・センター長、COINS研究統括 兼任)らの研究チームが発表した論文(英国科学誌 Nature Nanotechnology: “Vascular bursts enhance permeability of tumour blood vessels and improve nanoparticle delivery”)について、記者会見を行いました。

本件に関する報道は以下をご覧ください。
・2/16時事通信
 血管に隙間、がん攻撃=効果的な投薬期待-東大など
・2/16NHK 総合 おはよう日本
 がん細胞の周辺・血管の壁が開閉する特殊な現象
・2/16NHK NEWS WEB
 がん細胞周辺の血管の壁に裂け目
・2/16日本経済新聞電子版
 東大、がんに対するDDS(薬物標的治療)の効率を高める腫瘍血管透過経路を発見
・2/16日刊工業新聞
 東大、DDSの送達効率高める新経路を発見
2016.2.16川崎市
キング スカイフロントの最新情報や研究内容等を発信するWEBニュースレター
Kawasaki SkyFront i-Newsletter vol.6 を発行しました!

<ビデオ特集>
「キング スカイフロントへ進出、価値ある出会いに期待」
舛屋圭一氏
ペプチドリーム株式会社
取締役研究開発部長 理学博士

<リサーチハイライト(論文紹介)>
培養細胞の代謝を計測できるセンサを開発(東京大学 一木 隆範准教授、株式会社ニコン)※iCONM関係
治癒過程を促す精密デザイン(東京大学 菅 裕明教授 他)※ペプチドリーム関係
新型ノロウイルスを監視する(川崎市健康安全研究所 他)
2016.2.12CYBERDYNE
HAL®腰タイプの稼働台数が引き続き順調に増加
〜作業支援用のニーズ拡大とともに、介護支援用が厚労省の導入支援事業の対象機器となり、来年度も大幅な出荷増加を見込む〜
2016.1.8ナノキャリア
ナノプラチン®米国で頭頸部がんを対象とした第I/II相臨床試験開始に関するお知らせ
2015.12.24ナノキャリア
ナノプラチン®アジアで頭頸部がんを対象とした第I相臨床試験開始に関するお知らせ
2015.12.15川崎市
ニュースレター「Kawasaki INnovation Gateway」Vol.11を発行しました。
○ 水素社会を切り拓く臨海部の取組とは?
  ・昭和電工株式会社「地域循環型水素地産地消モデル」
  ・株式会社東芝「再生可能エネルギーと水素を用いた自立型エネルギー供給システム」
○ Kawasaki Innovation Leaders 6
  株式会社エスアールエル 
    取締役会長 田澤 裕光氏
    サテライトラボ検査部 川崎検査課 卯月 昌子氏
○ Kawasaki Numbers「1」
○ 川崎市健康安全研究所 新型ノロウイルスを世界で初めて発見
○ 神奈川科学技術アカデミー メープルシロップが肝炎を緩和する可能性を発見
○ テクノロジーとアートのコラボレートによる祭典「TodaysArt.JP SOUND+VISIONS」を本市初開催
2015.12.3CYBERDYNE
HAL医療用下肢タイプ、厚生労働省に保険適用を申請
2015.11.26川崎市
キングスカイフロント周辺エリアが、『世界に誇る地域発研究開発・実証拠点推進プログラム』のFS拠点に選定されました!
2015.11.25CYBERDYNE
HAL医療用下肢タイプ、厚生労働省より医療機器として製造販売承認を取得